今の時代は誰だって抱えているストレスや不安な未来

弱ったメンタル

彼氏がずっといなかったり、結婚できない孤独な女性でなくても、誰だって未来は多少なりとも不安なものです。

これは学生であってもアラサーやアラフォーのOLや派遣社員、または旦那と上手くいっていないストレスを抱える主婦であっても同様です。

当たり前のように無料の占いができるサイトがあります。

しかし、ここは結果的には有料系に持っていくものであることが、殆どのお決まりのパターンです。

占いの鑑定から出会い系サイトにここから誘導する方法は一つの昔からある手段です。

今現在、何かに深く迷っている事なんて当たり前のことですが、一人の寂しさや不安が募っている女性にとってそれを心情を当てられるだけで、これが普通に実際に信じられるものになってしまうのです。

ここで一度ハマってしまうとなかなか抜け出すのは難しくなってしまいます。

サクラはそんな時に占いの鑑定士や良い相談相手を演じる事で、相手が冷やかしでないと自分を信用させていくのです。

簡単に言ってしまえば、先の未来の運勢を気にしたりする女性はメンタルが弱く不安で支えが欲しいような状態です。

これは悪質な会社は無料で運営している、王道のタイプの占いサイトはアドレスを収集するための物であることが、これまでですとデータ上では殆どです。

そして結果的に同業他社に永遠と横流しされてしまいます。

占い業者にとってみれば新規登録しやすい優良な出会い系の顧客データということです。

恋愛や未来への不安を逆手にとってハメる

独身であれば恋愛や金銭面でも不安な未来

妄想しがち

もう長いこと彼氏がいないアラサーやアラフォーの女性が未来に対して不安を抱いてしまうのは当たり前のことです。

もちろん恋愛だけでなく将来的な金銭面や暮らしのことまで占いが気になるのは、不安があるなら当たり前のことです。

それは結婚して子供がいる主婦やママでも同じことを感じています。

それくらい今の日本だけでなく世界の経済は不安定です。

地震などの自然災害も含めていつ何が起こるかわからない様な状態であるのは確かです。

運勢の占いにハマってしまうのはやはり、今の生活に対してネガティブな思考を持っているようなケースです。

そんな時に少しでも自分が思い当たるようなことを言われて、鑑定が当たったと勘違いしてしまうといけません。

その後に出会い系サイトに誘導されようが気が付かないで信じ切ってしまう女性が多くいます。

またこれまでに、実生活で異性との交流が少なかったタイプも気を付けなくてはいけません。

事実上はホストやキャバクラと理論的には一緒ですが、まだ実在しているだけましです。

疑似恋愛にハマるとそこから抜け出すのは、未来は暗く難しくなってしまいます。

優しい言葉で冷やかしでもドキドキしてしまったりします。 出会い系は見たこともない実在するかわからないような相手をずっと妄想してしまいがちな性格の持ち主はサクラに騙される要素をかなり強く持ち合わせています。

経験が乏しいと未来に対しても不安を感じ安い


スマホの女性の画像

恋愛占いや運勢占いばかり気にする未来が不安な女性

ステータスが欲しい

毎日のように運勢を気にしたり、今日の占いばかりチェックしている女性ははっきりいって騙されやすいので出会い系サイトだけでなく未来がどうなるか不安です。

何故ならそういった方は鑑定結果ばかり気にしたり、相手のことばかり意識するあまり本来の自分の姿や目的を簡単に見失ってしまうからです。

サクラにとってこのようなタイプは一番長く稼ぎやすいお客様となります。

待ち合わせの約束なども、冷やかしにでさえ自分に自信がないため嫌われたくないとしないのです。

ただし、素性がわからなくても付き合うことや恋人として存在する事には執着心があります。

根本の話で出会い系サイトで対面したことがない人と付き合ったりすることは、普通に一般的には常識的にも考えられない事です。

しかし、占いでも二十代後半から四十代前後までの独身はそれに当たり、そういったことができるのです。

理由としてはやはり上記したように未来に対して強い不安を抱えている事、世間的に恋人がいるというステータスが欲しいということです。

存在するかわからなくても、彼氏がいるという事実が必要なのです。

ハマってしまうと精神的に満たされているだけでOKなパターンも出会い系にはありますから、これが結果的に数十万円ポイント購入につぎ込んでしまっている方もいます。

自分の好みの冷えピタでの作り方で新たな世界に踏み出す


電話する主婦

サブコンテンツ

占いや恋愛鑑定からの誘導

ネットやSNS上にあるスマホで簡単にできる無料の占いや恋愛鑑定や運勢診断テストなどは、同時に出会い系サイトに誘導されることもありますので注意が必要です。

このページの先頭へ